岐阜大学知財セミナー開催報告 2019年9月

2019.9.25

岐阜大学知財セミナーが開催されました。      
多くのご参加ありがとうございました。

 

後発他社製品を事後的に権利範囲に取り込む意図が推認される分割出願に係る特許について、特許無効審判が提起されました。特許庁は、訂正請求を認めた上で「本件は分割要件を満たさないものであったから出願日の遡及は認められず、それゆえ親出願の公開公報によって新規性を欠く」としました。審決取消訴訟でも知財高裁は特許庁の判断を支持しました。

 

この事案から、親出願と分割出願との間の「同一性」について講義が行われました。

 

 

 

 

◆ 日時              令和元年9月20日(金)

◆ 場所              岐阜大学研究推進・社会連携機構内 1階ミーティングルーム

◆ 時間              午後5時00分~午後6時00分 (受講料無料)

◆ 講師              岐阜大学非常勤講師

         特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

                          弁理士 服部素明

 

テキスト_令和元年度 第3回9月20日 服部先生