第141回パテント研究会 弊所所員による研究発表会(外部向け)◆視聴型報告会

2021.9.15受付中

■視聴期間:2021年11月1日~11月30日(受付終了11月25日)
■視聴形態:オンライン視聴型
■講師:各報告者
■対象者:【難 ⑤ ④ ③ 2 1 易】
■費用:参加費無料

■お申し込み;お問い合わせ欄よりセミナー参加をチェックしてお申し込み下さい。

当所では毎年当所所員が携わった実務の中から、高度な法的問題を抱えた事例又は特殊な事例について、当所所員間で知識を共有するために「所内研究発表会」を開催しています。
所内研究発表の中から、お客様の知的財産権実務においてお役立て頂ける有用な事例については、パテント研究会で情報をお伝えしております。
つきましては、下記の日程で第141回パテント研究会を視聴型報告会として開催いたします。
ご多忙とは存じますが、当所所員が実務経験を交えて有用な情報をお伝え致しますので、是非ともご視聴ください。

■内 容

①姉妹出願が特許されていることを奇貨として成功した事例
報告者:弁理士 服部素明

②海引用例が多数の選択肢を有する場合の容易想到性について
報告者:弁理士 谷口直也

③知的財産翻訳検定1級の減点ポイント
報告者:永井香苗

④各国(日本、Brexit、台湾、中国)意匠制度改正について
報告者:山崎裕士